Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

◆バージンココナッツオイルには約50%のラウリン酸が含まれています。

ラウリン酸は他に母乳に約7%含まれており、自然界ではココナッツオイルに最も多く含まれています。なぜ母乳にラウリン酸が含まれているかというと、ラウリン酸には免疫力を高め、細胞を強くする働きがあるからです。母乳を通じて赤ちゃんを感染症などの外敵から守る働きをしているのです。

そのラウリン酸が約50%も含まれているバージンココナッツオイル。毎日スプーン2杯で強い身体を作りたいですね。

ココナッツオイル_赤ちゃんを外敵から守る抗菌物質、母乳成分ラウリン酸を約50%含有

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket