Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

◆代謝が早くエネルギーになりやすい中鎖脂肪酸

エキストラバージンココナッツオイルにはラウリン酸をはじめ、天然の中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。

中鎖脂肪酸は体内で燃焼しやすく、消化吸収が早く脂肪になりにくい優れた脂肪酸で、一般的な植物油に含まれる長鎖脂肪酸と比較して消化吸収は約4倍、代謝は約10倍のスピードで分解・燃焼されます。

◆トランス脂肪酸ゼロ・コレステロールゼロ

エキストラバージンココナッツオイルには、動物性脂肪に多く含まれ、摂り過ぎると動脈硬化の原因とされるコレステロールを全く含みません。また、血中の悪玉コレステロールを上昇させ、同じく動脈硬化や心臓疾患の等のリスクがあると言われるトランス脂肪酸(TFA)も全く含んでいません。

トランス脂肪酸は、水素添加された硬化油や精製植物油、加工油脂などで発生し、欧米をはじめ世界中で規制の動きが広がっています。日本でも、2011年になり消費者庁からトランス脂肪酸の含有量表示に関するガイドラインが発表され、トランス脂肪酸の摂取を抑制する動きが起こっています。

ココナッツオイル_天然の中鎖脂肪酸で健康にスマートに

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket