Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ココナッツオイル_レシピ 鱈とかぶの豆乳クリーム煮 1

【ココナッツオイル】鱈とかぶの豆乳クリーム煮
(調理時間:15分)
——————-
【材料】(分量:2人分)
——————-
鱈:2切れ
(下味)塩・こしょう:少々
かぶ:2個(150g)
かぶの葉:1個分
たまねぎ:1/4個
舞茸:1/2パック
ココナッツオイル:大さじ2
小麦粉:大さじ2
だし汁:200cc
(A)豆乳:100cc
(A)白みそ:大さじ2
塩:少々
——————-
【手順】
——————-
【1】鱈(たら)を4等分に切る。
かぶの皮をむき、6等分に切る。
かぶの葉は4cmくらいの長さに切り、塩茹でしておく。
玉ねぎは乱切りに、舞茸は手でほぐす。
【2】鱈の水分をよく拭き取り、下味の塩こしょうをする。
小麦粉の半分弱を鱈にまんべんなくつける。
【3】深めのフライパンにココナッツオイル(大さじ1)を入れて(2)の鱈を両面カリッと焼き上げ、皿にあける。
【4】そのままのフライパンに、残りのココナッツオイルを入れて玉ねぎ、かぶ、舞茸の順に炒め、全体に油がまわってきたら残りの小麦粉を入れて中火~弱火でまんべんなく行き渡らせる。
【5】だし汁を入れて蓋をして弱火で5分位煮込む。
とろみがついてきたら、混ぜておいた(A)を加えて煮込み、足りなければ塩を加えて味をととのえる。
最後にかぶの葉を入れる。

◆ポイント
バターの代わりにココナッツオイルでクリームソースを!
だし汁は温めておいたもののほうが、ダマができにくくなります。(A)を混ぜる際は白みそに豆乳をすこしずつ入れるようにしましょう。

ココナッツオイル_レシピ 鱈とかぶの豆乳クリーム煮 2

◆料理家プロフィール
ココナッツオイル_レシピ 管理栄養士 柴田真希
管理栄養士 柴田真希

株式会社エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。
1981年、東京生まれ
女子栄養大学短期大学部卒業後、給食管理、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。
27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。
現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メーカーのコンサルや飲食店のプロデュースなどを手がける。
「ココナッツオイル使いこなし事典」(世界文化社)、「やっぱり、塩レモン!魔法の調味料で作る絶品レシピ」(河出書房新社)、しっかりごはんとシンプルおかず「おなかやせ定食」(主婦の友社)、「女子栄養大学の雑穀レシピ」(PHP出版)、「簡単! 美腸レシピ」 (エイムック)などを出版。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket