Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ココナッツオイルには合成ではない天然の中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。中性脂肪になりにくく、エネルギー代謝を活発にします。

◆母乳にも含まれる中鎖脂肪酸

ココナッツオイルの中に多く含まれる”中鎖脂肪酸”は、健康志向の高まりのなか、オイルも身体にいいものが求められ、注目されるようになりました。

中鎖脂肪酸とは、母乳や牛乳などの脂肪分にも3~5%含まれる天然成分で、1960年代から未熟児の栄養補給など医療用途にも活用されてきました。近年では、そのエネルギーになりやすい代謝システムがダイエット中の方やスポーツ選手・病中病後の方の栄養補給にも利用されております。

◆消化吸収が4倍、代謝は10倍。だから脂肪になりにくい

オイル(脂肪)は体内に摂取すると、エネルギーとして燃焼されるか、中性脂肪として体内に蓄積されます。一般の植物油に多く含まれる”長鎖脂肪酸”は、体に吸収された後、リンパ管、静脈を通って脂肪組織、筋肉、肝臓に運ばれ、分解・貯蔵しますが、”中鎖脂肪酸”は分子がより短いため近道をし、肝臓に通じる門脈を経て直接肝臓に運ばれ、効率よく分解・燃焼されます。

一般のオイルと比べてココナッツオイルが優れているのはこの”エネルギーとして燃焼”される効率がとても良い点です。長鎖脂肪酸と比べて消化吸収は約4倍、代謝は約10倍も速いため、中性脂肪になりにくいのです。そのため欧米ではダイエット素材・健康素材として急速に普及しています。

ココナッツオイル_天然の中鎖脂肪酸で健康にスマートに

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket