ココナッツオイルなど、植物油(ベジタブルオイル)のレシピと商品をご紹介します
記事更新情報
  • HOME »
  • 記事更新情報 »
  • ココナッツオイルの魅力と効果

ココナッツオイルの魅力と効果

ココナッツミルク、ココナッツクリームをお好みの濃さ・量で作ることができる、香り豊かなココウェルのココナッツミルクパウダー。

新鮮なココナッツから搾ったミルクをスプレードライ製法で瞬時に微粉化した、保存料無添加・無漂白、動物性原料不使用のココナッツミルクパウダーです。 ◆スプレードライ製法で新鮮なまま粉末状にしました。 ココナッツの果肉から搾っ …

最新の低温エクスペラー法を採用したココウェルのエキストラバージンココナッツオイル

エクスペラー(Expeller)とは圧搾機のこと。乾燥させて水分を取り除いてから圧搾する方法をエクスペラーと呼びます。採りたての果肉を粉砕してから熱を加えずに40℃以下の温風で乾燥させ、水分を0.1%以下になるまで取り除 …

0℃まで固まらず料理に使いやすいココウェルのリキッドココナッツオイル

◆0℃まで固まらないココナッツオイル 通常のココナッツオイルは20℃を下回ると白く固形化します。これはココナッツオイルに含まれるいくつかの脂肪酸の融点が高いためです。ただ、すべての脂肪酸の融点が高いわけではなく、20℃以 …

DME製法で作られるメルローズのココナッツオイル

◆DME製法とは? DMEとは、ダイレクト(D)・マイクロ(M)・エクスペリング(E)の略。ダイレクト=収穫から搾油まで一貫生産。マイクロ=小規模(家族農場の規模)。エクスペリング=圧搾だけの無精製オイル。を意味していま …

ココナッツの甘さが隠し味に。炒め油やバターの代わりにも使い方いろいろ

◆酸化に強いので炒め油・揚げ油に ココウェルのエキストラバージンココナッツオイルは普段の炒め物や揚げ物に使えます。揚げ物の際は他のオイルに混ぜてもOK。1割以上加えていただくとサクッと軽く揚がり、長時間美味しく保存できま …

肥沃な火山灰土、無農薬ヤシ畑で育ったココナッツを搾っています

◆政府機関ココナッツ庁 フィリピンはココナッツ輸出量が世界で1位2位を争うココナッツの国。ココナッツ庁という政府機関まで設けてココナッツを国の大事な産業として育てています。 ココナッツ庁がココナッツ農家やココナッツオイル …

代謝が早い。中鎖脂肪酸がすぐにエネルギーに

◆代謝が早くエネルギーになりやすい中鎖脂肪酸 エキストラバージンココナッツオイルにはラウリン酸をはじめ、天然の中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。 中鎖脂肪酸は体内で燃焼しやすく、消化吸収が早く脂肪になりにくい優れた脂肪酸 …

赤ちゃんを外敵から守る抗菌物質、母乳成分ラウリン酸を約50%含有

◆バージンココナッツオイルには約50%のラウリン酸が含まれています。 ラウリン酸は他に母乳に約7%含まれており、自然界ではココナッツオイルに最も多く含まれています。なぜ母乳にラウリン酸が含まれているかというと、ラウリン酸 …

低温圧搾で抽出したローフードに人気のバージンオイル

無添加無精製、40℃以下の低温圧搾法と伝統的な自然発酵法で抽出したのがココウェルのエキストラバージンオイルです。 ◆低温圧搾(コールドプレス)の良いところ 市販されているオイルの多くは、精製や脱臭などの工程を経て食用油と …

くせもない!サクッと軽く美味しい

◆揚げもの・炒めものに理想的 通常、オイルは熱を加えると酸化が促進され、劣化が進行します。そのため、揚げ物をすると数回で酸化臭がします(油臭くなります)。酸化したものを摂取することは体の活性酸素を増加させ、健康にも良くあ …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © ココナッツオイルのレシピと通販 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.